ロボットアカデミー・教材紹介

レゴ®ブロックを教材に採用

ロボットアカデミー渋谷初台教室では、レゴ®のロボティクス教材である「レゴ®WeDo2.0」を使用します。

学びへの好奇心をかき立て、子どもの能力を伸ばすことに定評がある教育ツールです。

*ロボティクス:ロボット工学。ロボットの設計・製作など、ロボットに関する技術の研究を行う学問。

 

Praimaryコースの使用教材

レゴ®WeDo2.0

2016年4月に日本で発売された新教材です。

視覚的に動きがわかりやすいセンサーやモーター、子どもたちの興味をひくカラフルなレゴ®ブロックで構成されています。

歯車や滑車などの機構が学べるとともに、ロボットの組み立てやプログラミングを通して、身の回りの機械について原理を追求しながら、子どもたちがアイディアを考えられるものになっています。

 

レゴ®WeDo2.0 ソフトウェア

「レゴ®WeDo2.0」で製作したロボットを動かすための専用ソフトウェアです。

ロボットに動きを指示するアイコンをドラッグ&ドロップすることで、直感的にプログラムが組めます。

アイコン操作がベースなので、小さなお子さまでも直感的に、楽しく簡単にプログラミングができます。

 

*ロボットアカデミー渋谷初台教室では、レゴ®ブロックもタブレットも、1人に1台ずつご用意しています(各回定員4名)。

*ロボット製作からプログラミングまで、すべて自分の手で行います。

*担当講師は塾長ほか、理系大学生を起用しています。