塾長プロフィール

photo03 塾長 松下 葉子

・1983年3月 立教大学文学部心理学科卒業(専攻は学習心理学、社会心理学) 在学中に社会教育主事資格を取得

・1983年4月 大手電機メーカーに入社  結婚・出産を機に退社

・2001年4月 子育ての傍ら文化放送が母体の学習教室を開室 地域の小中学生の学習指導、受験指導を実践する

・2014年4月 松下塾を開室 幼児から高校生まで長いスパンで子どもの成長を見守り、ひらめきの芽を育てる学習指導を開始する

・しんあいネットワーク会員(元文化放送教育センター認定指導者)

 

ごあいさつ

情報技術の発達により世の中が急速に変化しています。

今の子どもたちが社会人になる頃は、その半数以上が今まだない職業に就くだろうと云われています。

日本でも情報化・国際化を意識した教育改革が今まさに始まろうとしています。

2021年にはセンター入試がなくなり、それに代わる新テストが高校で導入されることは皆様もご存じと思います。

しかし、その中身についてはいまだ検討段階です。

私たちも子どもたちも、時代の変化への対応力は不可欠となってくるでしょう。

しかし、言葉を替えれば、次の時代の土台を創っていくのは今の子どもたちです。

豊かな発想力で、私たちの想像を超えた世界を創り上げてしまうかもしれません。

そういう子どもたちを送り出すことができたら、私は幸せです。

自ら考え行動できる子どもを育てるため、これからも思考力を育む教材、論理力を身につける教材を提供し、

知的好奇心を満たすことのできる環境作りを心がけてまいります。